絶対ライオンズ主義

どんなに弱くなっても他球団のファンにはなれないことに気付いてしまったライオンズファンのブログです

4/25 vsオリックス 問題点はそこじゃない

ライオンズ
000 040 000   4


オリックス
301 010 00x   5




○多和田投手
中5日 5回 89球
8安打 2四球 2三振
5失点


ストレート   43球   48.3%
スライダー      41球   46.1%
フォーク      3球   3.4%
カーブ       2球   2.2%




「このストレートじゃ通用しない」




炭谷選手がそう悟ったからでしょう。


3回にオリックスの4番小谷野選手、5番T-岡田選手に甘いストレートを軽くはじき返されて4点目を奪われてからは、ストレートは見せ球にしてこれでもかとスライダー、スライダー、スライダー・・・


3回、4回にトータル25球を投げて、うちストレートは7球だけという異常な配球は何とかして「持たせる」べく炭谷選手がとった苦肉の策。


勿論打たれた8本のヒットのうち7本がストレートという、オリックス打線のストレート狙いをかわす意味合いもあったと思いますが、球速表示ほど威力もなく、コースを狙えば外れ、ストライクを取りに行っては真ん中に入るストレートではとても投球の軸としては使えないと判断したことも間違いないと思います。



とは言えスライダーとて決して良かったわけじゃなく、抜ける球もひっかけてワンバウンドにする球も浮いて甘く入る球もかなり多く、結局どこをどう切り取っても苦しいピッチングでした。


味方に同点に追いついてもらった5回裏、先頭の小谷野選手にストレートを捕えられた当たりはなんとかライトの守備範囲に飛んでくれて事なきを得ましたが、続くT-岡田選手にはスライダーが続けて完全に外れて2ボールから仕方なしにストレートを求めたら1球は外角ぎりぎりに決まってくれて、この球なら最悪でもシングルヒットで済むから「その感触のままもう1球」と求めたら真ん中にいってしまって被弾。


炭谷選手の「どうにもならねーよ」な感じが実によく漂っていて香ばしいというか何というか・・・


こういう時、岡田選手だったらそれでも延々とスライダーを投げさせるんでしょうかね?(笑



試合後の多和田投手と辻監督のコメントではこの5回裏の被弾が痛かったとのことらしいですが、こちら側(外野)から言わせてもらえば、痛かったのは間違いなく初回の2四球であり、この2四球が初回に打たれたヒットは3本だけなのに一挙3失点へとつながってしまいました。


まぁもっと言えば問題は5回の被弾ではなく、3回からさして良くもないスライダーばっかり投げさせなきゃならないこと自体が大問題です。



結局少し良くなる兆しが見えた前回登板から中5日で出来たのは疲労を取ることだけであり、掴みかけた感触を定着させる時間はなかったということでしょう。





○打線
7安打 4四球 4得点


今日は中村選手が右足首の炎症で欠場して、浅村選手、メヒア選手、山川選手のクリーンアップ。


1、2番がトータル6出塁とオリックスの2つのエラーもあったことで素晴らしく仕事をしましたが、クリーンアップがトータルで1安打に抑え込まれてしまいました。


メヒア選手と山川選手がそもそもディクソン投手を苦手ですし(それでもメヒア選手は5回にタイムリーを放ちましたが)、浅村選手も良い内容の打撃がありながら少しツキもなくてノーヒット。


それでも今日のディクソン投手はボール先行でカーブが高めから真ん中に入ることも多く、5回はあと一歩でノックアウトというところまで行きましたが・・・


惜しむらくは初回。
1死1塁から浅村選手は真ん中高めの見逃せばたぶんボールのストレートにやや差し込まれてしまい、続くメヒア選手も真ん中ややインコース寄りのカーブを打ち損じ。


まだディクソン投手の球に力も切れもあったので仕方ないですが、ここを乗り切られてしまったことで2~4回に少し落ち着かせる間を与えてしまったのが痛かったです。




○源田選手
昨日のブログでキーマンに上げましたが、2点タイムリーを含む2安打を放ってトータル3出塁。


ヒットにならなかった打席も内容は非常に良く、今日勝てていたら間違いなくヒーローでした。





今日はライオンズがノーエラーで、オリックスはエラー3つ。
このエラー数の違いにより出塁数はライオンズの方が上でしたが・・・


ライオンズベンチが3連戦の頭に今の多和田投手を投げさせることに拘ったことが、実はオリックスのエラー数以上のエラーだったということが言えそうです。