絶対ライオンズ主義

どんなに弱くなっても他球団のファンにはなれないことに気付いてしまったライオンズファンのブログです

今日から日本ハムとの3連線

日本ハムは現在5連敗中。


大谷選手と中田選手が離脱して、レアード選手が4番を打つ打線。


レアード選手を6番に置ける打線こそが日本ハムの強みだったわけで、こうなるとまったく怖さはありません。


とりあえずのポイントとしては1、2番でしょう。


1、2番を打つ西川選手と中島選手の打率は.212と.155と絶不調。


一方、開幕カードで打たれまくった3番打者近藤選手は今でも打率.451と好調を維持しています。


なので近藤選手にシングルヒットならOKの攻めをする為に、1、2番にはこのまま眠っておいてもらうことは勿論、無駄な四球で出塁をさせないことが重要です。


4番レアード選手の後ろは打率.236の田中賢介選手、そして6番以下ははっきりとレベル落ちで2軍メンバー。


借金9にもなりますよそりゃ。





次に投手陣。

3連戦の先発投手は上沢投手、有原投手、メンドーサ投手と思われます。


上沢投手は故障明けのシーズンになりますが、オープン戦で結果を出して今日が開幕2戦目。


基本は6回3失点なら上出来の投手で、立ち上がりに失点傾向がありますので、先制して今日試合のと言うよりもこの3連戦の主導権を握りたいところです。



有原投手は開幕戦でノックアウトしていますし、ここまで開幕3連敗で防御率6.53


おそらくライオンズは野上投手ですから、前回見殺しにした分も点を取ってあげましょう。



メンドーサ投手には開幕カードでやられていますし、開幕から3試合登板して3試合とも好投していて日本ハムの先発投手の中では一番調子が良い投手です。


ライオンズは昨シーズンも対戦防御率は4.84ながら対戦成績は0勝2敗、一昨年は2勝5敗。

相性が良くありません。


しかし今回はメンドーサ投手もろくな援護が見込みない中でのピッチングになりますので今度こそ負けを付けたいところで、注目は昨シーズン対戦打率5割超の炭谷選手。


相変わらずの引っ張るバッティングが目立ちますが、この手のツーシーム系はセンターから反対方向がセオリー。


相性の良さを発揮して開幕カードで放ったヒットもライト前。


炭谷選手の右打ちでメンドーサ投手を沈める場面が見られたら最高ですww







日本ハムのメンバー、調子を考えるとこの3連戦の勝ち越しは最低限成し遂げたいところで、出来れば3タテ・・・


・・・と、机上の空論と妄想が大好きなファンは安易に考えちまいます(笑