絶対ライオンズ主義

どんなに弱くなっても他球団のファンにはなれないことに気付いてしまったライオンズファンのブログです

4/19 vs楽天 打算が誤算に変わる過程

楽天

110 010 100 000 4

ライオンズ

000 002 020 001x 5


○多和田投手

中6日 6回 74球

7安打2四球3三振

3失点


ストレート   47球 63.5%

スライダー    25球 33.8%

カーブ      2球 2.7%



何かの意図があったのでしょう。

今日はフォークボールを封印。

カーブも2球投げただけ。


投球のほぼすべてをあえてストレートとスライダーにしました。


前回登板から今日までの間にバッテリーで話し合って調整してきたことが背景にあるのでしょう。


先週よりストレートのシュート回転度合いはある程度弱まって威力が増し、スライダーの精度も大分良くなって浮いて入ることが少なくなり鋭く低めに決まる球も多くなってきました。


勿論失投もそれなりにありましたし、楽天打線は実質ストレートとスライダーの2択でしたので狙い球を絞りやすかった部分もかなりあったでしょう。


失点シーンのうち、5回のペゲーロ選手のソロ被弾は完全な失投でした。


しかし茂木選手に打たれた初回のソロと2回のタイムリーはそんなに悪い球じゃなく、茂木選手を褒めましょう。


惜しむらくは2回の藤田選手への四球。

打たれたのなら仕方ありませんが、これにより茂木選手と勝負せざるを得ない状況を作ってしまいました。


尚、被安打の割に球数が少なかったのは楽天打線の早打ちによるもので6回までの18のアウトのうち、初球打ちアウトが5つ、2球目を打ってアウトが5つとアウトの半分以上は2球目までの球を打ってくれてのもの。


これは楽天打線が好調故に、かつ狙い球を絞りやすかった故に積極的に振ってきた結果であり、これにより余力を持って6回を投げ切れた部分もありますが、ストレートとスライダーだけで6回3失点のQS達成なら悪くなく、次の登板へ向けて少し兆しを感じさせてくれた今日のピッチングでた。



○リリーフ陣

7回の野田から大石投手へのリレーで1失点はしましたが、これは厳しい判定による部分もあり仕方ないでしょう。


8回からはシュリッター投手、増田投手、牧田投手、武隈投手と繋いで凌ぎきり、サヨナラ勝ちを呼び込みました。


先発の多和田投手も含めて5番の銀次選手を5打数ノーヒットに抑え、打線の中軸に分断ポイントが作れたのが大きかったです。




○打線

11安打2四球5得点

5回まで楽天先発の則本投手に2安打に抑えられてきましたが、6回から球が浮いてきたところを逃さず捉えました。


秋山選手の出塁から浅村選手が返す形を6回、8回、12回と3度作り、中村選手の特大アーチが出てと、ライオンズの理想的な形です。


下位を打つ外崎選手の2安打、代打田代のヒットもその後の秋山選手→浅村選手の流れへと繋がったもので見逃せません。


そして最後の浅村選手のサヨナラタイムリーは、直前の源田選手のバント失敗をはじめとする色んなミスも救いました。



○楽天ベンチの打算と誤算

楽天先発の則本投手は序盤は球に威力があり、変化球も多くが低めに決まっていましたが、球数が80球を超えた6回くらいから球が浮いてきて、7回終了時点で球数は116球。


もう球速表示程の球威もなく、浮き球が増え、8回はライオンズの上位に回る打順で1人でも出せばクリーンアップとの対戦。


本来ならどう考えてもここで降板でしょう。


しかし中継ぎ陣を休ませたい楽天ベンチは則本投手を8回も続投。


8回もマウンドに向かう則本投手の姿を見て、これはイケるかもと思ったライオンズファンも少なくなかったと思いますが、この1つの無理が次の無理やミスを呼び、それが連鎖していきました。


8回裏1死2、3塁から浅村選手が打ち上げたフライをショートが無理に追いかけすぎてタイムリーにしてしてしまう、更にタイムリーエラーが出る、どうしても使いたくなかった筈の中継ぎを結果的に総動員する・・・


これらの無理やミスという隙にライオンズの選手たちの全力プレーがどんどんつけ込んでいって、最後は楽天ベンチが一番使いたくなかった新人投手からサヨナラ勝ち。


だったら最初から出しとけよ、でも今日は使いたくなかったんだよ、なら最後まで出すなよ・・・なんて思考が楽天ベンチと選手とファンの間にループしていたことでしょう。


今日の楽天の様子からアルキメデスが発明した機器を武器にしてローマ軍の侵攻を防いできたシラクサが、僅かな城壁の綻びから陥落する様子を連想しちまいましたが、うん、それは大袈裟ですね(笑)




思えばウィーラー選手の大きなあたりが2つともホームランにならずにフェンス直撃の2ベースになっていた辺りから流れはライオンズに傾きつつあったのかもしれません。


ライオンズの個々の選手の頑張りが、「今日はなるべく中継ぎ陣を使わずに勝ちたい」なんて打算が透ける楽天ベンチの思惑が、焦りを経て、こんな筈では・・・の誤算に変わっていく過程に重なっていく様が最高に楽しかったです!





・・・とか思っちまうアタクシは性格悪いですかそうですかww