絶対ライオンズ主義

どんなに弱くなっても他球団のファンにはなれないことに気付いてしまったライオンズファンのブログです

4/16 vs ロッテ ボーナスデー

ライオンズ
212 010 004  10


ロッテ
000 000 020   2




○ウルフ投手
中6日 6回 82球
4安打無四球2三振
無失点



ツーシーム     55球 67.1%
カットボール    12球 14.6%
カーブ       12球 14.6%
チェンジアップ   3球   3.7%



奪った18のアウトのうちゴロアウトが13。
そして無四球。
いつも通りのウルフ投手の姿。


しかし今日は結構甘い球も多かったです。


ただ、初回から援護をもらって回を重ねるごとにリードが広がり、3回裏の時点でロッテ側がもう勝負を諦めていましたので実に楽に投げられた試合になりました。


昨年もそうでしたがウルフ投手の援護率は異常に高く、今シーズンは現時点でなんと6.43(参考までに野上投手は2.57と半分以下)


要因としては


・ウルフ投手のリズムの良さが打線を活発にさせる、
・3連戦の3試合目で投げているので相手先発投手のレベルが常に低い


といったところが考えられますが、打ちやすい投手が出てくる試合に6回3失点は堅い投球リズムの良い投手をあてる作戦は今後も有効でしょう。




○リリーフ投手陣
今日はみんな虫干し。
登板間隔とか実践間隔とか色々ありますのでここの内容については一切云々しません。




○打線
16安打8四球10得点


ボーナスデー


乗りそこなった選手もいましたが、初ヒットが出た選手、初ホームランが出た選手、初四球を選んだ選手といろいろいて、多くの選手が気分よく明日休めそうでなによりです。




○捨て試合
ロッテにとっては典型的な捨て試合になりました。


戦力層が薄いチームにこそ捨て試合は必要ですし、ライオンズにも必要です。


しかしそれはそれとして、不調の選手が3打席ともまったく同じ打ち取られ方しているのを見ると、この人はいったい何を考えてプレーしているんだろうとか思っちまいます。


まぁ相手チームのことなんで別に構わないですし、ライオンズが勝てばそれでいい部分も多分にあるんですが、貴重な日曜日の時間を割いて野球観戦しているのですから、プロらしい工夫や創意が反映されたプレーが見たいものですが・・・







8回に少しだけ雲行きが怪しくなりましたが、終わってみれば二桁得点で大勝。


打率1割台の打者が6人も7人もスタメンに名を連ねるロッテ相手だけに負け越すわけにはいかない3連戦でしたので、勝ち越すことができて喜びよりも安堵が先に来たのが素直な感想です。


しかし、もし3連戦の初戦に起死回生の逆転2ランが出ていなかったらロッテの伊東監督にとっては今日の大敗も含めてすべて目論見通りだったわけで、今日だけを見ると気が大きくなりがちですが、なかなか紙一重の勝ち越しでした。