絶対ライオンズ主義

どんなに弱くなっても他球団のファンにはなれないことに気付いてしまったライオンズファンのブログです

捨て試合を作りましょう

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000017-dal-base


今シーズンも牧田投手はリリーフのようです。


個人的には先発を希望していましたが、こうなるだろうと予想はしていましたので特に失望はありません。


記事によれば牧田投手、シュリッター投手、増田投手の3人で7、8、9回を任せるとのこと。


実際に本当にこの3人で成立するかはともかくとして、勝ちパターンのリリーフ3人を明確に決めておいて、7回からの3イニングを逃げ切る形は理想的です。


そしてこれは同時に昨シーズンみたいに無理に牧田投手を前倒しで投入したり、2イニング投げさせたりしないことを意味し、それはすべての試合を取りに行かないことに繋がります。


うまく捨て試合を作れなかったのが昨シーズンのライオンズです。


①シーズン序盤から先発投手を間隔を詰めて使い、②大きくリードを許す展開でも勝ち試合で投げさせる投手を投入し、③完全な負け試合でも主力選手を試合の最後まで出場させ・・・


それらが回り回って主力投手の離脱や主力選手の不調を招いて7月の大失速を産んだ一因になっていましたので、少なくとも勝ちパターンリリーフ3人を固定することで上記の②は解消されますし、そういう考え方がチーム内に浸透すれば①③も変わる筈。


ライオンズは登録と抹消を少なくとも他チームと同等程度に活用して選手の体調管理を徹底出来たら出来たら、Aクラスには楽々入れるチームですし、優勝だって10%くらいは可能性のあるチームです。


降水確率10%という天気予報はそれを10回出したらうち1回は本当に雨が降るという予報です。


つまり、ライオンズだって10年に1回くらいは・・・