絶対ライオンズ主義

どんなに弱くなっても他球団のファンにはなれないことに気付いてしまったライオンズファンのブログです

喜ばしい反面

先日、「球団史上最速で観客動員150万人を突破」という報道がありました。


シーズン67試合目での達成で、昨シーズンの68試合での達成より1試合早く、過去最速とのこと。


昨シーズンは年間の観客動員数が過去最多だったので、おそらくはこれも更新するのでしょう。


昨シーズンのチーム成績は勝率5割ちょうどのイーブン。


試合内容はともかく、シーズンの最後までクライマックスシリーズ進出をかけた争いをしていたので、観客動員が伸びたのは理解出来ます。


しかし今シーズンは借金二桁はすでに確定していて、梅雨明け前に優勝争いどころかAクラス争いからも脱落していました。


それでも観客動員が伸びているようです。


今や各球団とも様々に工夫を凝らした観客誘致策の導入は常識で、ライオンズのそれもうまくいっているという理解でよいのでしょうし、チームが負け続けてもお客さんは来てくれるというのは、ある種の理想的な効率的球団経営の姿なのかもしれません。


しかし、応援しているチームの試合にお客さんが沢山入るのはそれはそれで喜ばしいことですが、球団がこれで、つまり負けても負けても客さんが来てくれることに満足しだしたら・・・




選手起用も含めたライオンズの球団経営を見ていると西武HDが球団を保有している目的は資金集めにあるように見えます。


他の球団にもそういう部分は少なからずあると思いますが、西武はそれが最上位にある・・・ように見える・・・




そんなことを鑑みると、毎年優勝して選手年俸という球団運営の最大のコストがうなぎ登り、なんて状況にはとても対応しきれない西武にとって、今の状況は理想的?


と、そんなところまで先走って想像してしまうと、負けても負けても3年連続Bクラスでも観客動員数更新のニュースに、ファンとしてあまり喜んでばかりもいられなくなってしまいます。


既にそうなっているという指摘もありますが、ファンの上に胡座をかく球団とならないことを願うばかりですが・・・・