絶対ライオンズ主義

どんなに弱くなっても他球団のファンにはなれないことに気付いてしまったライオンズファンのブログです

9/24 vsソフトバンク 高額年俸コンビが働かず・・・

ソ 010 020 100 4

西 000 000 210 3



「たら、れば、たら、れば」



・誠投手

4回0/3 83球

5安打 4四球 4三振

3失点


カーブ 27球 (32.5%)

ストレート 19球 (22.9%)

カットボール 14球 (16.9%)

フォーク 11球 (13.3%)

スライダー 8球 (9.6%)

チェンジアップ 4球 (4.8%)


初回先頭打者の今宮選手に初球カーブからの2球目ストレートをセンター前に運ばれるとそこから変化球の嵐。


ストレート球速は130キロ台前半から出ても141キロ程度では使えないの判断からでしょう。

配球割合の通り異常にストレートの少ない変化球だらけのピッチング。


それでも4回まで1失点で済んだのは本田選手が不調で打線を分断してくれたから。


今宮選手に今日も配球読まれて4回までに2出塁されるも、続く本田選手はバント失敗ゲッツーに変化球だけ待っていればいい場面で何故かストレート狙いで空振三振。


お陰で4回までは4番内川選手以下にランナーを置いて打席が回らず、中軸がチャンスメイクして下位打線に回る形になり、細川選手が「狙い球来た!」の球を打ち損じるいつもの細川選手に戻って点になりませんでした。


5回に1打席目に唯一まったくタイミング合っていなかった9番城所選手に四球を与え、更に今宮選手にも四球で降板。


このピッチングで4回0/3を3失点は上出来の部類で、2番が本田選手じゃなかったら序盤でノックアウトされていたと思います。


来シーズンに向けてはとにかくストレートを磨きましょう。

それしかありません。

誠投手だってこんなピッチングは本意じゃないでしょうし。

せめてストレートがみんな140キロに届いて、40%くらい投げられれば変化球も活きて来ます。



・小石投手

5回、無死1、2塁で登板。

誠投手が降りて左が2人続く場面だからでしょうが、所謂軟投派の投手を2人続けてはキツイです。


送りバントから3番中村選手に犠牲フライ、更に内川選手にタイムリーを浴びて2失点。


左右に関係なく速球派の投手を使いたかった・・・



・武隈投手

7回に登板。

1死から今宮選手にスリーベース。

不調の本田選手を打ち取るも、3番中村選手にタイムリー。


打たれた球は低めに投げたチェンジアップで悪くはないのですが、最後は変化球に頼る森選手の配球が読まれて狙い打ちされるので・・・


この4失点目は痛恨。

武隈投手も自分で考えましょうよ。



〜打線〜

・1、2番

金子選手がどこか痛めたのか今日は秋山選手、栗山選手の1、2番。

本来あるべき形でしたがトータル3出塁。

クリーンアップにランナーを置いて回したのは初回だけと、少し物足りませんでした。



・浅村選手

3打数1安打で打率は.310に到達。

8回は追い込まてれてから外角のストレートをライトスタンドへ。

ランナーがいなかったのが残念ですが、浅村選手のこういう右方向への一発は大好きです。



・メヒア選手

初回の第1打席、コントロールの定まらないソフトバンク先発の中田投手から2つの四球で1死1、3塁のチャンスの場面。


フォーク、ストレートが外れて2ボール。


マトモには来るはずない中で、狙いはスライダーかフォークかカーブか・・・


の中で外角スライダーをストレートのタイミングでレフトスタンドを狙いに行ってゲッツー。


2打席目以降では反対方向への意識も出ましたが、今日の中田投手を捉えるならここしかありませんでした。


虚しい・・・



・中村選手

3打席目まで打てなかったのはまぁいいでしょう。

打てる球なしの打席もありましたし。


でも8回の4打席目、浅村選手のソロで1点差に追い上げ、更にメヒア選手がラッキーな内野安打で1死1塁。

流れがややこちら側に傾いてきた中で初球ど真ん中スライダーをショートゴロゲッツー。


これがホームランに出来ないならクリーンアップ失格です。


虚しい・・・




・森選手

1打席目、初球フォークでタイミングを外されセカンドゴロ。


2打席目、初球外角低めストレートを打ち上げてショートフライ。


3打席目は6球全部ボール球でしたが、半分手を出して最後は外角低めボールのフォークを打ってまたショートフライ。


4打席目は初球外角ベルトの高さのストレートをセンターフライ。


昨日から細川選手に積極性を逆手に取られているのは仕方ないにしても、だったら4打席目は仕留めないといけません。


虚しい・・・



・山川選手

ストレートを待てば変化球、変化球を待てばストレート。

今日も細川捕手に翻弄されましたが、それでも7回の3打席目は強い当たりでサード松田選手のエラーを誘いましたし、9回の4打席目は追い込まれてからサファテ投手の決して失投ではないスライダーに食らいついてライト前ヒット。


最悪長打じゃなきゃいいやのスライダーでしたがよく対応しました。


2日連続ノーヒットで明日を迎えるのとでは気分的に全然違うでしょう。




投手陣が5回の2失点目に7回の1失点と、どうしても取られたくないあと1点を2度も奪われ、中田投手を崩すなら「ここ」の初回に4番メヒア選手がゲッツーで立ち直らせ、追撃ムードの8回裏は5番中村選手がゲッツーでチャンス消滅。


ベンチが機能していればあの1失点はなかったかも?

主軸が機能していればもっと点が取れていたかも?

5番打者が別の選手なら、捕手が別の選手なら・・・




せめて、せめて明日のソフトバンク最終戦だけは勝って終わりましょうよ。