絶対ライオンズ主義

どんなに弱くなっても他球団のファンにはなれないことに気付いてしまったライオンズファンのブログです

9/19 vs楽天 メジャーリーグかよ

楽 000 000 200 2

西 005 000 000 5



「これだけ左打者の外角をストライク取ってくれたらそりゃあ楽ですよ」



・多和田投手

中10日 8回 119球

9安打 無四球 9三振


ストレート 52球 (44%)

スライダー 47球 (39%)

カーブ 12球 (10%)

フォーク 8球 (7%)


休養十分でストレートに力があり、楽天スタメンに7人並んだ左打者の外角をかなり広めにストライクを取る主審と、多和田投手のナチュラルにシュート回転するストレート、バックドアのスライダーとの相性が抜群。


初回に捕手の配球ミスにより招いた2死1、3塁のピンチで銀次選手をインコースストレートで打ち取って切り抜けてからは実に快調でした。


2回の下位打線相手には既に見下ろして投げていて、3回に5点の援護をもらってからは悠々で2〜6回を僅か1安打。


しかし7回に2死を簡単に奪ってから茂木選手にランニングホームランを打たれると、そこから更に3連打を浴び、最後もヒット性のレフトライナーと少し危なかったです。


これはスライダー多投してきたことでそろそろ慣れられて、そして「抑えてやる」と力んで投げたストレートのシュート回転度合いが強まり、嶋選手のアウトコースを狙ったストレートが真ん中に入っての連打でした。


力を入れるのと力んで投げるは違いますが、それを直ぐに次の回に調整したのは流石。


8回は再び2死から連打を許し、1、2塁のピンチでのラストボールは、今日の主審と相性バッチリの外角にキッチリストレートを決め切ってナイスボールでした。


ストライクゾーンにこれでもかと恵まれ、楽天打線も組織として多和田投手を崩してやろうの意識の欠片もなく、ある意味参考記録的試合でしたが、それでも無四球は立派でナイスピッチングでした!



・森選手

今日はスライダーが全体の39.5%。

ほぼ4割。

これだけ投げると流石に相手打線も目が慣れてきて3順目4順目には合わせてきますね。


多和田投手はこれで5連勝。


このうち最初の2連勝で組んだ炭谷選手はスライダーの鮮度を最後まで保とうと全体の23〜25%しか投げさせませんでしたが、森選手と組んでからの3連勝の試合では使い放題の32〜39%。


伊東捕手〜細川捕手〜というライオンズの正捕手の系譜を受けた流れの考え方は炭谷選手の方。

僕もそのライオンズの正捕手的考えに浸って野球を見てきた人間なので、今日なんかは走っていたストレートをもっと投げさせて欲しいと思ってしまいました・・・


まぁ現状これで結果が出ているので文句を言うべきものではないのかもしれませんが、楽天にもっとやる気があったら結構危なかったかもしれません。



・打線

ランナーなしではマイペースの辛島投手に手も足も出ませんでしたが、3回に山川選手が追い込まれてから反対方向への意識をもったことから状況が一変。


ランナー背負って一気にコントロールを乱したところに押し出し2つを含む四球4つとタイムリー2本で一挙5点。


タイムリーを打った秋山選手、森選手は勿論、ボール球に手を出さずにしっかり四球を選んだ金子選手、浅村選手、中村選手、メヒア選手もこの場面は繋ぎの意識がありました。


しかし1イニングに四球4つって・・・


ライオンズ打線も以後は出したランナーを殆ど先の塁に進められず・・・消化試合ですなあ・・・



・山川選手

心はレフトスタンドの昨日から改心して今日はライト前ヒット2本。

意外に柔軟性ありますね(笑



・呉選手

捉えた当たりが守備範囲に飛ぶ不運もあって今日もノーヒット。

この3連戦ノーヒット。

正念場です。




今日で今シーズンの楽天との対戦終了。

昨シーズンは貯金11を作った相手に今シーズンは

11勝13敗1分

昨日で既に決まっていましたけど、初の楽天戦負け越しです。


報道に出ている監督のコメント見ると一生懸命応援しているファンが馬鹿みたいに見えてきますが・・・


明日もライオンズ応援しよっと。