絶対ライオンズ主義

どんなに弱くなっても他球団のファンにはなれないことに気付いてしまったライオンズファンのブログです

9/17 vs楽天 あえて「ケチ」をつけてみる

楽 000 000 010 1

西 001 110 000 3




「独断と偏見によるケチです」




・菊池投手

中7日 5回0/3 88球

3安打 4四球 5三振

無失点


ストレート 63球 (71.5%)

スライダー 21球 (24%)

カーブ 4球 (4.5%)

チェンジアップ 0球 (0%)


立ち上がりから150キロ以上のストレート連発。

本気で規定投球回数を投げて最優秀防御率のタイトルを取るつもりなのは知りませんが、初回から飛ばして行きました。


4回に2順目の楽天クリーンアップ相手にスライダーを多投した以外は毎回投げる球の8割以上がストレート。

殆どそればっかのストレートとスライダーは今日トータルでとうとう95.5%まで到達。

ある意味ではもの凄いですね。


それでも結果は無失点ですし、10連勝でトータル12勝目。


これで結果が出ているうちは文句をつけるべきではないのでしょうし、ここで何を書いても単なる「ケチ」に過ぎないのでしょう。



・・・でも本当にそれでいいんですか?



何度も書きますが、ストレート過多で投げる球の殆どがストレートとスライダーという今のピッチングスタイルは、勝てるようになる前の菊池投手の姿です。


数字の上では10連勝でトータル12勝目ですが、かなり組み合わせ上での幸運による部分が大きく、8月以降はソフトバンクは勿論日本ハム相手にも投げておらず、大量点に守られる展開も、怪我人続出で打線貧弱のロッテ相手も多かったが故。


今日も5回2死満塁からど真ん中のストレートを打ち損じてくれて、6回に豆を潰して降板した後はリリーフ投手陣が頑張ってくれて、と色々恵まれて勝ちがついた格好です。


6回はもし豆を潰していなかったらどうなっていたでしょう?

ランナー置くとストレートの球速が10キロ近く落ち、ストレートとスライダーばかりで攻め手がなくなってきた中で、そこまでに他の球を投げていないからピンチで信頼しては使えず、立ち上がりから飛ばして球数100球に近づいて握力が落ち・・・と、かなり危険でした。


今日はカーブはたったの4球で、結局チェンジアップはただの1球も投げず終い。


優勝争いとは無関係の今こそもっとカーブとチェンジを自分のものとすべく実戦で練習するべきで、今のピッチングスタイルのまま来シーズンにソフトバンク、日本ハムのエース級とぶつかることは、つまり勝てるようになる前の菊池投手がそのまま対戦することを意味します。


それにこれも何度も書きますが、今のストレート過多のピッチングは1試合あたりの負担が大きく、実際に今日の豆を潰しての降板も全力ストレートばかりのピッチングと無関係ではないでしょう。


特に菊池投手のような力投型は1試合あたりの負担をなるべく減らす事が怪我の防止とシーズン通した活躍に繋がるわけで、1シーズンを通して投げきるためにピッチングをマネジメントしていく上では緩急が絶対的に必要になると思いますが・・・



・残念

今日豆を潰したことで、来週のソフトバンク戦の先発は厳しそうです。

個人的には一番楽しみにしていたんですがねえ。



・大石投手

6回無死1、2塁で緊急登板。

最後は2死満塁まで行きましたが切り抜けました。


今日はスライダーを外角低めに投げ切ってストライクが奪えたことがすべて。

これが高めストレートもフォークも活かしました。


変化球で安定してストライクが奪えると相手打者はマークしなきゃならない球種が増えて狙いを絞り切れません。


正直言ってシーズン開幕前には大石投手は今シーズン限りかな、なんて思っていました。


見る目がありませんね。大変失礼しました。



・打線

今日は1、2番が6出塁。

この上位の出塁が2得点を生んで良い形です。


金子選手の3出塁は久しぶりですが、嶋捕手が金子選手が苦手とする配球をあえてしてこなかったのは訳があるのか、単に知らないのか・・・


しかし下位でも森選手の出塁から栗山選手のタイムリーと、ライオンズ打線分厚いですね。



・個人記録

金子選手がタイトルかけて走りまくってます。

糸井選手と2個差。


今日も無理に3盗して失敗してましたが、チームの順位からもそれでも良いのでしょう。


ただ、後ろを打つ秋山選手も打率3割がかかっています。


もし、金子選手が走るのを待って本来打てる球を見送ったことで打率3割に到達しなかった・・・なんてことにはならないと良いのですが・・・



・楽天、松井稼頭央選手

言わずと知れたかつてのライオンズの不動のショート。

まぁ今は敵チームですからどうでも良い部分もなくはないんですが、今日の試合終了時点で打率.208


1番打者起用で1打席目も2打席目もクソボールに手を出して空振り三振。

そして5回の3打席目は2死満塁で打席が回ってきて初球ど真ん中のストレートをセカンドフライ。


ライオンズ今日の勝因にこれが占める部分は大きくラッキーの一言ではあるんですが、それは別としても何と言うか、正直見ているのがちょっと辛いです。





しかし楽天さんも打率が炭谷選手以下の松井選手の1番起用とか嶋選手謎の単独スチールとかよく分かりません。


この時期の微妙な順位による微妙な采配はドラフト指名権なども絡まって「負けようとしてる?」なんて考えてしまいます。


そんな風に考えてしまうと試合を楽しんで見られなくなりますが・・・